赤ちゃんに最適なベビー布団で快適な睡眠|子育てママのお役立ち情報

幼児と女の人

赤ちゃんには専用の寝具

赤ちゃん

大人用とは違うもの

大人用が小さくなっただけと思われていることも多いベビー用の布団ですが、その機能はデリケートな赤ちゃんのためを考えられたものになっています。かけ布団・敷き布団・枕というセットになりますが、敷き布団にはシーツ・マット・キルティングマット・防水シーツが含まれています。キルティングマットは汗を吸収するもので、防水シーツはおねしょの時のためにあるものです。硬めのマットとキルティングマットと防水シーツをラップシーツをかけて敷き布団は完成です。かけ布団は基本的に大きめなものと軽めのものがセットになっており、季節によってタオルケットなども使用します。汚れやすい寝具なので、カバーはカバーリングタイプ(全体をくるむタイプ)がオススメです。

当たり前のように用いる

赤ちゃんにはベビー用の寝具を使用することが良いといわれる理由は、デリケートな赤ちゃんに適した寝具の研究がされた結果として誕生したものだからです。ベビー用の寝具は昭和30年代半ば頃から存在しているとされ、時代の流れや社会の進歩と共により快適になるよう進化しています。赤ちゃんは骨から関節、体温調節まで未発達です。まわりの大人が適切な世話をする必要があり、肌も体もデリケートです。ベビー用の寝具というものがなかった時代にはそれなりの工夫をしていたと思いますが、ベビー用が登場してから世話をする大人たちはその快適さを感じたと思います。今は当たり前のようにベビー用があるので、赤ちゃんの健やかな成長のために用いる人が多くいます。

Copyright© 2016 赤ちゃんに最適なベビー布団で快適な睡眠|子育てママのお役立ち情報 All Rights Reserved.